カードローンは繰り上げ返済が有効ってホント?

カードローン審査甘いローンでお金を借りる場合、通常限度額があります。消費者金融のカードローンでお金を借りる場合、限度額は100万円程度ですが、カードローンで銀行からお金を借りる場合は500万円以上の所も少なくありません。ただ、限度額が高いからと言って、だれもが限度額までお金を借りることができるわけでもないです。
カードローンには極度額と呼ばれるものがあり、この極度額はその人の収入と信用によって異なります。例えば、限度額が500万円のカードローンであっても、収入が少ないか信用がなければ極度額は10万円程度になる可能性も少なくありません。
この極度額を上げていくためには、繰り上げ返済が必要になります。繰り上げ返済とは、返済期限前に返済することを言います。繰り上げ返済は、引き落としの場合にはできないことが多いか、かなり制限された中で行うことしかできませんが、振り込みで返済をする場合できることが多いです。
繰り上げ返済をすることで、期限より前に意欲的に返済をしている点が、貸し金業者や銀行からの信用につながります。もちろん、一回だけ繰り上げ返済をしたからと言って、信用が一気に上昇し、極度額が増えるわけではありません。ですが、繰り返し繰り上げ返済を行うことで、10万円だった極度額が30万円になり、50万円を超えることも夢ではありません。
ただし、消費者金融系であれば年収による制限があるため、年収の3分の1程度までしか極度額を増やすことはできないのが普通です。